自動車・ロボット工学

バリューストリームに沿った車両生産のデジタル化と柔軟化

自動車・ロボット工学

未来に備えた自動車業界向けソリューション

未来に備えた自動車業界向けソリューション

将来の車の生産は、デジタル化、柔軟性、持続可能性が鍵となります。インダストリー4.0のスマートファクトリーの概念に従って、すべての工程は適切にネットワーク化され、安全です。生産において最も重要なのは人です。そして自律誘導車(AGV)、革新的なRFID(認識技術)、協働ロボット(Cobots)が人を総合的にサポートします。AI(人工知能)、BDA(ビッグデータ分析)、そして予測保守により、計画・管理・品質の高い透明性が確保されます。既存の工場「ブラウンフィールド(使用されていない土地・設備)」は、モノのインターネットに備える必要があります。「グリーンフィールド」の新工場は、完全にデジタル的に計画され、事前にシミュレーションが行われます。

自動車・ロボット産業で信頼されるパートナーとして、次のことをお約束します

最高品質

最高品質

ワイドミュラーは企業として、製品ポートフォリオ開発において最高レベルの品質を重視しています。

世界展開

世界展開

世界展開のワイドミュラーは、お客様の要件とビジネスケースを満たすのに理想的な状況にあります

市場の課題を認識

市場の課題を認識

ワイドミュラーのスマートでインテリジェントな製品ポートフォリオで、インダストリー4.0の観点から持続可能なメリットを提供します

実績

実績

OEM分野での長年の経験を通じて、ワイドミュラーはお客様にとって経験豊かで信頼できるパートナーです。

研究開発

研究開発

将来を見据えた企業として、生産環境やeモビリティの柔軟性などの議題に対応できるソリューションを取り扱っています

モバイルネットワーク5Gは、機種通信とIoTを重視しています。これは前世代のモバイルラジオとの重要な違いです。工業の製造および生産で多数の用途が考えられ、特に、高い柔軟性とリアルタイム動作が重要とされる、革新的な自動車生産にはその潜在的可能性があります。

自動車・ロボット工学グローバル部門マネージャー、Elmar Zimmerling

革新性と情熱で市場の課題に取り組む

生産の柔軟化

生産の柔軟化

生産の柔軟化

今後、コネクタ自体がインテリジェントになります。インテリジェントコネクタをセンサーやアクチュエータに実装するために、新しい接続技術と統合技術が研究されています。これは、インダストリー4.0の実現とサイバー物理システムの構築の基盤となります。

自動化のデジタル化

自動化のデジタル化

自動化のデジタル化

未来の自動化開発の礎として、デジタル化は基本的な役割を果たし続けています。5G-ACIAのメンバーとして、ワイドミュラーは将来的な工業ニーズ、規格、ユースケース、および関連ハードウェアコンポーネントの特定と開発に大きな役割を果たしています。新しいデジタルビジネスモデル、人と機械の協働、そしてAIテクノロジーがこの原動力となるでしょう。

持続可能性とeモビリティ

持続可能性とeモビリティ

持続可能性とeモビリティ

電気自動車は、その生産開始に始まり、複雑な供給とロジスティクスチェーンにおける合計エネルギー需要、そして工場内における全部品の最終組み立てまで、総合的に持続可能性を削減する必要があります。主な課題は電源管理、バッテリー技術、そして充電システムです。バッテリー自体が生産に必要なエネルギーの大きな割合を占め、ボディショップや生産における多材料混合に大きな影響を与えます。

自動運転車

自動運転車

自動運転車

将来、自動運転車が動くオフィスや居間になるでしょう。車両のユーザーエクスペリエンスは、もはや運転に焦点を合わせるのではなく、その空間における体験と、空間利用に焦点を合わせることになります。しかし、特に車内は、現在とは全く異なる車両設計となります。このためサプライヤー側には新しい製品、アプリケーション、新しい機械が求められることになります。

生産設備を製造業におけるモノのインターネットに適合させる

産業環境におけるデジタル化は、多くの場合、インダストリー4.0に関連しています

異なるデータソースから貴重なデータを取得・組み合わせ・分析することは、インダストリー4.0の通信標準OPC-UAを採用した最新のマシンとシステム(「グリーンフィールド」)を持っていない限り、難しい作業です。しかし現実はこうではありません。さまざまな建設時代と異なるコミュニケーションが混じりあった異種機械(「ブラウンフィールド」)環境では、製造業におけるモノのインターネットをあちこちにレトロフィットする必要があります。そしてこれがまさに、ワイドミュラーが製造業におけるモノのインターネットをカスタマイズしてサポートしている分野です。

  • クラウドに接続された機械
  • エネルギー監視(デジタルサービスとして)
  • 予測保守
  • 品質監視
  • フィールドマシンの最適化
  • 遠隔アクセス

自動化・ロボット工学向けの製品/ソリューション

エネルギー管理

エネルギー管理

エネルギー管理

自動車工場における持続可能生産の前提条件である持続可能性の認識は、著しく高まっています。ワイドミュラーEMソリューションは、工場での段階的な改善プロセスを可能にし、継続的にエネルギー消費を削減し、その結果エネルギーコストを削減します。

接続ソリューション

接続ソリューション

接続ソリューション

極端な条件下でも、ロボットを使った製造では、信頼性の高い接続は長年にわたる自動車生産の慣行です。ワイドミュラーは、さまざまなロボットとそのツールの電気接続と配線に関して信頼性の高い、実証されたソリューションを専門としています。

電力管理

電力管理

電力管理

電源は通常、工場の他の機能と比べてあまり注目されていません。しかし、24V-DCの供給に障害が発生すれば、工場の重要部位や生産全体が停止する可能性があります。ワイドミュラー独自のスマートグリッド24V-DCのコンセプトは、スマート電源とスマート電子負荷監視を組み合わせたスマート電源を採用しています。

産業分析

産業分析

産業分析

機械や生産データに関する知識は、あらゆる産業にとって重要な成功要因となっています。インダストリアル分析は、機械データをリアルタイム分析して事前に通知することで、機械オペレーターとサービス技術者をサポートします。

超高効率の配電

超高効率の配電

超高効率の配電

エネルギー効率の向上、エネルギー供給の不安定さ、世界的に変動するエネルギー品質は、近い将来、生産現場が直面しなければならない課題です。今日の工業環境では、3相400 V AC電源が標準です。そして常に電気エネルギーを交流電圧から直流に変換しなければなりません。今日のエネルギー効率の高い、可変速電気ドライブ、周波数およびサーボインバーター – ロボット、CNCキネマティクス、コンベヤ、インデックステーブルなどは – 既にDC中間回路を内蔵しています。有力企業のコンソーシアムの一社としてワイドミュラーは、DCベースのシナリオに関する実業界のユースケースの開発に取り組んでいます。

非接触型電力伝送(最大240 W)

非接触型電力伝送(最大240 W)

非接触型電力伝送(最大240 W)

焼き付き、変形、または汚れた接点は多くの場合、時間とコストのかかる生産障害の原因になります。自動車の生産技術に多く見られます。例えば、工具の変更を頻繁に行う産業ロボット。ワイドミュラーの FreeCon コンタクトレスは、インダストリー4.0が必要としている革新的なパズルの1ピースです。柔軟でメンテナンスが不要です。

自動車・ロボット工学の最新ニュース

ダウンロード

何か質問はありますか?

お問い合わせはこちらから

アイデアについて話し合いましょう

ご相談はこちらから

*入力必須項目

連絡を希望する

*入力必須項目