ワイドミュラーのサステイナビリティ

ワイドミュラーのサステイナビリティ

ワイドミュラーは、健全で成功した会社と環境を次の世代に引き継ぐために、持続可能なやり方で事業に取り組んでいます。融和した、価値志向の持続可能性管理は、ワイドミュラーに深く根付いています。

私たちには今後の世代に対する責任があります。学習の促進、保守的な資源の活用、そしてイノベーション文化の強化は、ワイドミュラーにとって企業の単なる再指向の例ではありません。これらは何世代にもわたってワイドミュラーの社風の一部でした。私たちは、社員の面倒を見たり、社会が定める行動ルールを守ったり、時には法規制に求められる要件を超えながら、責任を取っています。

ワイドミュラーの経済学

ワイドミュラーは、企業とブランドの両方の安定性と独立性を保証するために、収益の潜在力を活用します。このためお客様、革新性、従業員、製品、そして工程品質という企業価値の完璧なバランスを取ることが必須です。実際、ワイドミュラーは何十年もの間それをしてきており、今後もそれを続けるつもりです。

世界中で1,000件の有効な工業所有権

世界中で1,000件の有効な工業所有権

世界中で1,000件の有効な工業所有権

我々は、国や国際標準化機関との協力を通じて、新しい市場開発に積極的に取り組み、現在と将来の技術の形成に貢献しています

3万社以上の顧客

3万社以上の顧客

3万社以上の顧客

ワイドミュラーは、世界中でイノベーションを通じて開発/生産を行い、お客様に24時間365日、それぞれの製品とソリューションを提供します

ワイドミュラーの自然環境

私たちは、使用原料、排出、エネルギー消費を継続的に削減することで、環境に対する責任を実行に移しています。私たちは、この高い要求を自社や従業員に求めるだけでなく、パートナーに対しても求めています。絶対的な信念をもって世界中でこれを行っています。

11,000平方メートル最新製造ホール

11,000平方メートル最新製造ホール

11,000平方メートル最新製造ホール

デトモルトにあるプラスチック製造施設にある生産工程は、考えられる限り効率的で環境に優しい設計になっています。これは、生産時のエネルギー消費を最小限に抑える革新的な技術の利用に支えられています。

回避可能な損失分野を探すエネルギー偵察チーム

回避可能な損失分野を探すエネルギー偵察チーム

回避可能な損失分野を探すエネルギー偵察チーム

実習生は、実習期間中に社内のエネルギー偵察チームとして活動し、エネルギーの無駄遣いの有無を調査します。

ドイツや世界中で、さまざまなイニシアティブに積極的に取り組んでいます

ドイツや世界中で、さまざまなイニシアティブに積極的に取り組んでいます

ワイドミュラーは、次に掲げる個々のイニシアチブのルールに明確に取り組み、持続可能な行動の目標及びプロジェクトを支援します。

ZVEI行動規範

ZVEI行動規範

ワイドミュラーはグローバル化の中でも責任を負います。ワイドミュラーはZVEI行動規範に署名しています。ZVEI行動規範は、国際的に確立されたベンチマークを基準とし、関連するすべてのテーマを網羅しています。ZVEI行動規範の文章へのリンクは、以下をご覧ください。ZVEI行動規範の適用は任意です。企業が顧客に対して自己申告を行う場合や、サプライヤーに対して同等の申告を求める場合のモデルとなることが意図されています。

行動規範をダウンロードする

RoHS指令とREACH規則

RoHS指令とREACH規則

価値を重視する企業としてワイドミュラーは、顧客、従業員、コミュニティ、そして環境に対する責任を認識しています。したがってワイドミュラーがROHS指令2011/65/EUの責任を負うことは明白のことです。

ワイドミュラーは、指令の要件以上の措置をとることもあります。20年以上前、ワイドミュラーはプラスチックにカドミウムを使用するのをやめました。機器・関連製品の分類に関するROHS指令2011/65/EUの指標とは別に、ワイドミュラーは全ての材料・製品をこの指令の範囲に含めることを目指しています。

REACH第1条規定に従って、ワイドミュラー社内でこの目標を達成するために先駆的な対策が取られています。REACHは、新しい所見や新しい需要に対して柔軟かつダイナミックに対応されて始めて機能する学習システムです。

環境に配慮する企業として、ワイドミュラーはサプライチェーン内のコミュニケーションと、REACH規定1907/2006における情報の流れ全体に責任を持ちます。REACH第33条に基づき、製品中に含まれる物質の通知義務は、高懸念物質(SVHC)に対してのみ適用されます。どの物質が本規則に適用されるかは欧州化学品庁ECHAが決定します(REACH第59条参照)。候補リストの最新版はECHAのWebページで確認することができます。

サプライヤーの声明書によると現在、一部の製品に含まれるSVHCが、第33条に基づく申告義務の各しきい値を超えています。ただし、新しいSVHCがECHAに公開された後などに、この状況が変化する可能性があります。ワイドミュラーのインターフェイス製品に追加で通知義務が適用され次第、該当する品目と含まれているSVHCは、各製品のオンライン製品カタログに掲載されます。

社会と従業員

私たちは、従業員と社会の両方に関して、ワイドミュラーの基本的な価値観に完全に従って、社会的にも倫理的にも行動します。世界中のワイドミュラーのあらゆる拠点で、ワイドミュラーのコミットメントと責任を実践に移します。「ワイドミュラーが助けます!」の傘の下にワイドミュラーは、ドイツや世界中で、持続可能で社会共同体的なコミットメントを結集しています。

ワイドミュラーアカデミー

ワイドミュラーアカデミー

ワイドミュラーアカデミー

教育は成功の鍵です!このアカデミーには、教育、訓練、知識の伝達に関するあらゆる活動が組み込まれています。2003年の設立以来、人々とノウハウを結び付けています。

サステイナビリティのパンフレット