null

スマートキャビネットの構築 – 技術と専門知識のネットワーク

制御盤構築は注目に値する分野で、
変化の激しい顧客の要求や厳しい納期による高いコストと価格圧力に直面し、管理が困難な多くの技術的機能を有しています。これは、自動化とデジタル化によって開かれた機会を引き継ぎ、製品、プロセス、および生産手段の間に完全な相互作用を生み出すことによってのみ実現できます。現在、パネル構築の個別のニーズを満たす汎用的で経済的なソリューションが不足しています。

今日の課題の解決

SMART CABINET BUILDING(スマートキャビネットビルディング)の目的は、全プロセスの段階を通じて技術と専門知識をネットワーク化することによって、現在および将来のキャビネット構築分野の課題に対する統合ソリューションをご提供することです。部材の選択から、ワイヤハーネス、機器、ハウジングの事前組立、試運転前の最終取り付けとテストの支援まで、幅広く対応しています。

プロセスステップをネットワーク化するためのベースは、「デジタルツイン」です。これは、さまざまなプロセスステップを駆動するために使用できるコントロールパネルとそのコンポーネントの完全なデジタル説明です。

インタラクティブなインフォグラフィック

テコとしてのデジタル化

テコとしてのデジタル化

これはYouTubeのビデオです。このビデオをクリックすると、Google/YouTubeのプライバシーポリシーと利用規約 に同意したことになります。また、当社のプライバシーポリシーにも同意するものとします。

生産性を向上させるには、バリューチェーンの各側面を包括的に把握する必要があります。個別プロセスの手順間のインターフェースに存在する、最適化に関する能力を利用して、大幅な効率向上を達成することができます。Weidmüller、Komax、Zuken、Armbruster Engineering、そしてnVent Hoffman / Steinhauerの各企業は、制御盤構築が、カスタマイズされた一貫性のあるソリューションでこの可能性を活用できるようにするSMART CABINET BUILDINGイニシアチブを立ち上げました。

イニシアチブに関するパンフレット

お問い合わせ

*入力必須項目