人事

Weidmüllerは、企業の業績が人材に大きく依存することを認識しています

人事

私たちの何が違うのでしょうか?

私たちの何が違うのでしょうか?

担当分野で日常的な課題に取り組んでいる資格を有する社員は、企業の成功を確実にする上で不可欠です。弊社の人事管理は、Weidmüllerでの仕事のシステムを整え、会社の将来の存続を確実にする作業に専念しています。

会社の要件と社員の利益を一致させるのは、野心と課題の両方です。このため、人事計画と採用は、全従業員のポテンシャルを一貫して向上させることと並び、人事管理の中心となります。これには、労働安全衛生管理に関するプログラム、公正で透明、競争的な報酬制度に関するプログラムも含まれます。

文化

文化

文化

Weidmüllerの社風は、全社員およびあらゆるレベルでの和気あいあいとした協力と感謝の気持ちを表す行動が特徴となっています。私たちは、多様性を重視しており、多様なチームの強みを知っています。結局、全体像はあらゆる角度から見た場合にのみ見えてくるということです。人種差別やその他の差別は、Weidmüllerには存在しません。また、多様性憲章への取り組みにも注目が集まっています。

従業員はそれぞれの職務分野で、広範な自由と意思決定の権利を大いに享受していますが、自由とは自分の行動に責任を持つことでもあります。この需要を長期的に満たすために、グローバル化され急速に変化し、デジタル化が進む世界において、増大する課題に対応できる文化の発展に向け、努力を続けています。

やる気を向上させる作業環境

やる気を向上させる作業環境

やる気を向上させる作業環境

Weidmüllerの協力的で自立的な職場文化を支えるために、やる気を起こさせる職場環境が大切です。2019年に開設されたカスタマー & テクノロジーセンターは、デトモルトの各拠点を結ぶだけでなく、600人を超える従業員のために最先端の作業環境を提供しています。最先端の通信技術、オープンルームコンセプトによる素晴らしい透明性、モバイルパーティションによる柔軟性が、多分野にまたがるアイディアの交換を促進し、アイディアを実現する生産的な環境を確保します。

このコンセプトは、他の建物や所在地でもますます実施されつつあります。生産や物流業務も、チームワークや柔軟性、言うまでもなく労働安全・持続可能な経営の最高水準の要件に準拠し始めています。単調で人間工学的に好ましくない活動はますます自動化され、人間とロボットとの協調が継続的に進んでいます。これは経験を積む場であり、お客様にアドバイスする際にも役立ちます。

デジタル化と新しい作業

デジタル化と新しい作業

デジタル化と新しい作業

ただし、快適な作業環境は、Weidmüllerの新しいワーキングワールドの一面に過ぎません。経済プロセスや社会開発におけるダイナミズムの高まりに伴い、革新の速さ、機敏性、市場指向、顧客志向の行動が求められています。このため、従業員もまた柔軟性と適応性に関する新しい要件に継続的に直面することになります。人事管理の役割とは、従業員が変更管理のスキルを習得し、関連プロセスに適応できるようにすることです。アジャイルな就業方法、時間や場所を問わない作業オプション、および構造化された習熟プロセスは、長年勤務する従業員と新しい従業員の両方の将来設計に役立つように、Weidmüllerが提供する要素の一つに過ぎません。

トレーニング

トレーニング

トレーニング

私たちは、社内のすべてのトレーニングトピックを、Weidmüllerアカデミーの傘下にまとめました。ここでは、幅広い実習制度やデュアルスタディの場を通じて、ジュニアスタッフの研修が行われています。デジタルラーニングマネジメントシステムは、従業員の継続的な教育において中心的な役割を果たします。このシステムには、モバイルデバイスなど24時間365日利用可能な、総合的なオンラインコースとデジタルナレッジリソースが含まれます。これらのサービスは、多数のクラスルームトレーニングセッション、管理者向けの特定プログラム、フィードバックや機敏なプロジェクト管理などのトピックをカバーするプログラムなど、トピック固有またはターゲットグループ固有の幅広い教育プログラムで補完されています。

また、Weidmüllerアカデミーでは、製品やアプリケーションについてのお客様向けトレーニングも提供しています。