産業用IoTを簡単に活用する方法

包括的で最先端の IIoT ポートフォリオによる「データから価値まで」の実現。

産業用IoTを簡単に活用する方法

IIoTの簡単な方法は準備できていますか?

IIoTの簡単な方法は準備できていますか?

産業用IoTへの道が複雑である必要はありません。貴重なデータへのアクセスが必要な場合でも、新しいデータ駆動型サービスを生成する必要がある場合でも、ワイドミュラーが「データから価値へ」簡単に移行するのを可能にします。

ワイドミュラーの包括的で最先端のIIoTポートフォリオは、未開発地域の用途および商工業地域の用途の両方に適用します。ワイドミュラーは、データの取得、データの前処理、データ通信、データ分析などのコンポーネントとソリューションを提供します。

1つ明らかなことは、産業用IoT自体は目的ではありません。この付加価値は、エネルギー効率を高めるか、リモートメンテナンスのおかげでサービス技術者をより効率的に導入するかにかかわらず、特定の用途で活用されます。最後に、お客様が人工知能を使用して新しいビジネスモデルを開発できるようにします。ユーザーと一緒に、そしてユーザーのために、産業用IoTを簡単かつ効率的に設計しましょう。

ライブストリーミングプログラムのご紹介

ライブストリーミングプログラムのご紹介

ライブストリーミングプログラムのご紹介

  • 製品エキスパートが提供する包括的な知識のメリット
  • イベント中に質問に対する直接のフィードバックを得る
  • 専門家による話し合い、実践的なウェビナー、将来の技術トークなど
  • 個々のイベントプログラムを作成

今すぐ登録して無料イベントにご参加ください!

メリットの一覧

簡単

簡単

IoTソリューション、オープンでWebベースのエンジニアリング、またはデータ科学のスキルを持たない機械学習モデルの構築を容易かつ迅速に改良できるかどうかにかかわらず、産業用IoTへの簡単な方法を見つけることができます。

エンド・ツー・エンド

エンド・ツー・エンド

「データから値へ」:ワイドミュラーの包括的で最先端のIIoTポートフォリオにより、お客様がセンサーからクラウド、そしてその他の分野に移行することができます。データの取得、データの前処理、データ通信は、データ分析の基になるインフラストラクチャから行われます。

将来に向けたより良い位置づけ

将来に向けたより良い位置づけ

柔軟性とオープン性は、産業用IoTの主な成功要因です。オープンプラットフォームに焦点を当てるだけでなく、明確な目標を持って既存および新規のパートナーシップを採用し、お客様を将来に向けて可能な限り最善の位置に配置します。

ワイドミュラーの産業用IoT製品の概要

産業用IoT – ファクトと数値

産業用IoT – お客様にとってのメリットは何ですか?

null

産業用IoTは何を表していますか?ワイドミュラーの立場と具体的な提案は?そして最も重要な点:お客様にとって何が役に立ちますか?答えを見つけるために、自動化製品およびソリューション担当エグゼクティブバイスプレジデントであるThomas Bürger博士とのビデオをご覧ください。

例示的な使用例

デジタル付加価値サービスの基盤を構築

データを確実に取得

データを確実に取得

データを確実に取得

グリーンフィールドアプリケーションやブラウンフィールドアプリケーションで、価値あるデータや情報にアクセス

  • 多数のコントローラやマシンへのインターフェイスを介したデジタルデータの取得
  • I/Oシステムu-remote(IP20およびIP67)によるセンサデータの取得
  • Energy MeterやPROtop の電源装置を介したエネルギーデータとプロセス情報の提供
  • アナログ信号変換器を使用したアナログ信号の取得と複製

IoT Edge技術を使用してデータをローカルで事前処理

IoT Edge技術を使用してデータをローカルで事前処理

IoT Edge技術を使用してデータをローカルで事前処理

データフローとコストを削減し、その場で初期的な見識につなげる

  • 事前処理とビジュアル化を行う、一貫したWebベースのエンジニアリング
  • IoT機能を備えたu-control Webによるデータの取得と事前処理(オプションのリアルタイムデータ処理)
  • モバイルインターフェイスを備えた産業用IoTソリューション向けIoTゲートウェイ
  • ハイパフォーマンスなインテル® Core™ i3、i5、i7プロセッサーを搭載したコンパクトなIPC

データの転送・分析で付加価値を創出

ネットワークインフラストラクチャを介してデータを確実に転送

ネットワークインフラストラクチャを介してデータを確実に転送

ネットワークインフラストラクチャを介してデータを確実に転送

プラントからの貴重な情報をITシステムに提供

  • 最高のセキュリティ水準で、セキュリティルータとのネットワーク間通信
  • 管理対象および非管理対象のスイッチを使用した、幅広いネットワーク参加デバイスの効率的なネットワーク接続
  • 産業用WLANを介した、モバイルエンドデバイス用のワイヤレスネットワーク接続の確立

データ分析を通じた付加価値の創出

データ分析を通じた付加価値の創出

データ分析を通じた付加価値の創出

データ駆動型のデジタルサービスで、ユースケースに具体的な付加価値を創出

  • クラウドプラットフォームを使った、プラットフォームに依存しない、お客様の用途に合わせた個別のサービス
  • 最適なリソース管理を通じて、リソースとエネルギーの使用量を統合・分析
  • 産業分析を使用して、人工知能に基づくデータから最大の付加価値を生成
  • Remote Access u-linkを使用して、ITに関する専門知識がなくても、迅速に世界規模のサービスを実現

参考資料 – 最も簡単な方法での概念実証

ダウンロード

お問い合わせ

*入力必須項目