産業用IoTソリューション

データを使用して運用とサービスに付加価値を生み出す。ワイドミュラーのインテリジェントな製造業におけるモノのインターネットがその答えです

産業用IoTソリューション

デジタル化自体が目的なわけではありません

デジタル化自体が目的なわけではありません

産業用IoTソリューションでデータを取得 理解 活用

既に産業用IoTの用途に関する基本知識を持っていながらも、独自に実装するノウハウは持っていない企業が多くあります。したがって、当初データを取得して保存しても、そのデータが特定の目的のためにそれ以上使用されないケースが多々あります。しかし、固有の測定可能な値は、論理的な接続と評価を通じて収集されたデータから初めて得られます。産業用IoTがもたらした機会は、多くの異なる方法で利用することができます。

メリットの一覧

エンド・ツー・エンド

エンド・ツー・エンド

データの取得から事前処理、データ通信、および分析まで、そしてセンサからクラウドまで、幅広いポートフォリオを提供

ニーズに基づくソリューション

ニーズに基づくソリューション

ワイドミュラーは、お客様の要件に完全に適合するニーズに基づいたソリューションを開発しています。

グリーンフィールドまたはブラウンフィールドアプローチ

グリーンフィールドまたはブラウンフィールドアプローチ

ワイドミュラーの包括的な産業用IoTポートフォリオを使用すれば、新しくデジタル化されたマシン(プラント)を構築したり、現在のマシン(プラント)をデジタル的にレトロフィットしたりすることができます。

産業用IoTとその後について

産業用IoTとその後について

産業用IoTとその後について

デジタル化自体が目的なわけではありません。ビッグデータ、クラウド、人工知能 – これらは、こういった背景で流行り言葉として使われている言葉です。しかし、本当に大切なのは、デジタル化がお客様にとって実際に何をもたらすか、ということです。Björn Six博士が答えています

データ駆動型サービスがどのようにデータを使って付加価値を生み出すのか

データ駆動型サービスがどのようにデータを使って付加価値を生み出すのか

データ駆動型サービスがどのようにデータを使って付加価値を生み出すのか

ワイドミュラーは、産業用IoTアプリケーションそれぞれの潜在能力を発見し、ニーズに基づいたソリューションを開発し、スムーズに既存の構造に組み込むお手伝いをします。たとえば、場所を問わないマシンの試運転で、プラント(OEE)の全体的な有効性を向上させたり、エネルギー消費に関する自動レポートを生成したりします。

産業 IoTのメリット

産業 IoTのメリット

用途の分野について説明します

グリーンフィールドとブラウンフィールドのプロジェクトには根本的な違いがあります。グリーンフィールドプロジェクトでは、完全にデジタル化された機械/工場の構築が必要です。ブラウンフィールドプロジェクトでは、工場/機械群にはまだ産業用IoTとの互換性がありません。後者は現在、取り付けベースの大半に当てはまります。したがって、現在根本的に重要なのは機械や工場のデジタルレトロフィットです。実装されている自動化技術には介入せず、その代わりに並列構造が構築されます。以下の概要は、ブラウンフィールド環境またはグリーンフィールド環境で実装可能な、さまざまな使用例を示しています。

デジタル付加価値サービスの基盤を構築

データを確実に取得

データを確実に取得

データを確実に取得

グリーンフィールドアプリケーションやブラウンフィールドアプリケーションで、価値あるデータや情報にアクセス

  • 多数のコントローラやマシンへのインターフェイスを介したデジタルデータの取得
  • I/Oシステムu-remote(IP20およびIP67)によるセンサデータの取得
  • Energy MeterやPROtop の電源装置を介したエネルギーデータとプロセス情報の提供
  • アナログ信号変換器を使用したアナログ信号の取得と複製

IoT Edge技術を使用してデータをローカルで事前処理

IoT Edge技術を使用してデータをローカルで事前処理

IoT Edge技術を使用してデータをローカルで事前処理

データフローとコストを削減し、その場で初期的な見識につなげる

  • 事前処理とビジュアル化を行う、一貫したWebベースのエンジニアリング
  • IoT機能を備えたu-control Webによるデータの取得と事前処理(オプションのリアルタイムデータ処理)
  • モバイルインターフェイスを備えた産業用IoTソリューション向けIoTゲートウェイ
  • ハイパフォーマンスなインテル® Core™ i3、i5、i7プロセッサーを搭載したコンパクトなIPC

データの転送・分析で付加価値を創出

ネットワークインフラストラクチャを介してデータを確実に転送

ネットワークインフラストラクチャを介してデータを確実に転送

ネットワークインフラストラクチャを介してデータを確実に転送

プラントからの貴重な情報をITシステムに提供

  • 最高のセキュリティ水準で、セキュリティルータとのネットワーク間通信
  • 管理対象および非管理対象のスイッチを使用した、幅広いネットワーク参加デバイスの効率的なネットワーク接続
  • 産業用WLANを介した、モバイルエンドデバイス用のワイヤレスネットワーク接続の確立

データ分析を通じた付加価値の創出

データ分析を通じた付加価値の創出

データ分析を通じた付加価値の創出

データ駆動型のデジタルサービスで、ユースケースに具体的な付加価値を創出

  • クラウドプラットフォームを使った、プラットフォームに依存しない、お客様の用途に合わせた個別のサービス
  • 最適なリソース管理を通じて、リソースとエネルギーの使用量を統合・分析
  • 産業分析を使用して、人工知能に基づくデータから最大の付加価値を生成
  • Remote Access u-linkを使用して、ITに関する専門知識がなくても、迅速に世界規模のサービスを実現

ダウンロード

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

ご相談はこちらから

*入力必須項目

連絡を希望する