プラントの効率化に向けた明るい未来

競争が激化する風力発電市場では、計画段階で最大限のプラント効率を保証しながら、購入コストとフォローアップコストを最小限に抑えることが、これまで以上に重要です。ワイドミュラーのLEDシステムソリューションは、室内照明をインテリジェントにし、総運用コストを削減する高い可能性を提供します。

プラントの効率化に向けた明るい未来

プラントの効率化に向けた明るい未来

プラントの効率化に向けた明るい未来

WIN! 風力発電設備の過酷な環境向けの安全な最先端ソリューションで、ワイドミュラーは世界中の風力用途の競争に絶えず貢献しています。新しい照明システムを他から際立たせているものは?

Schlingmann: ワイドミュラーの目標は、お客様に個々のコンポーネントを提供するだけでなく、作業工程をシンプル化し、プラント効率を高める革新的なコンセプトを開発することです。風力発電設備向けの新しいFieldPower® Wind Energy照明システムこそが、そのためにワイドミュラーが実現したことです。その中核要素は、極めて低消費電力で耐久性に優れたLEDランプの使用です。無停電電源装置、遠隔監視、およびオプションのコンセントの総合的なシステムと組み合わせて使用すると、プラント全体の照明、オプションの非常用照明、および電源の、装備すればよいだけのソリューションが作り出されます。すべてのパーツが実証済みで、互いに完全に調整されているため、照明システムをどんな用途にも簡単に組み込むことができます。

WIN! 実証済み技術から新しい技術に切り替えることは、軽んじることはできない決断とリスクと満ちたステップです。既存の照明ソリューションと比較して、LED技術にはどのような利点があるのでしょうか?

Schlingmann: これまで風力発電施設では、室内照明にはリニア蛍光灯がよく使われていました。LED技術と比べて、継続的なプラント運転中においてリニア蛍光灯には多くの欠点があります。

また、高い消費電力に加えて非常に脆弱なため、メンテナンスや交換に不要な追加コストが発生することがよくあります。室内照明が不十分なタワー内で安全に作業を行うことは単に不可能で、実際の設置やメンテナンス作業が予定外の修理に先立って行われることは珍しくありません。

これに対し、LEDランプは特にエネルギー効率に優れ、最長20年の寿命を誇ります。
FieldPower® LEDランプの開発では、ワイドミュラーは風力発電設備の極端な環境条件に対応するために、あらゆる詳細設計を行いました。

WIN! その照明ソリューションを特に実用的なソリューションとして際立たせているものは?

Schlingmann: まず、最大IP 54の保護クラスの堅牢なプラスチック製ハウジングとコンパクトなサイズは一見しただけで分かります。しかし、「内側の価値」にも同様に説得力があります。ワイドミュラーのLEDランプは水銀を含まず、その光には紫外線や赤外線が含まれません。従来のリニア蛍光灯とは異なり、温度に関係なく、また苛立たしいちらつきを起こすことなく、ランプをオンにするとすぐに全光量に達します。LEDランプの光強度は、非常モードでも、低消費電力でも一定です。

風力発電設備の各エリア特定の要件に対応するため、2つのバリエーションを開発しました。無指向性の光の入射であることからFieldPower® MONO LEDは、例えばブレードやナセルの広い空間や作業エリアを照らすのに非常に適しています。一方、FieldPower® DUO LEDは特に上昇および下降エリアの要件に対応するように設計されました。これは、2辺に指向性ライトを配光する設計で、歩道やはしごに沿って最適な照明を保証します。

WIN! LEDランプを使用すれば効率的で安全なオプションを選択していることになりますが、このソリューションはさらに調達コストの増加にもつながります。ワイドミュラーの完全なシステムは、どのように長期的な運用コスト削減につながるのでしょうか?

Schlingmann: ワイドミュラーの電源、データ、信号処理の分野における経験と専門知識を活かして、高性能ソリューションFieldPower® Wind Energyを開発しました。すべてのコンポーネントを個別に考慮する必要はなくなりました。代わりに、電源を含むシステム全体を容易にプラントに統合できるため、時間とコストのかかるインターフェイスとコンポーネントの調整工程はもう過去のものになるのです。さらに、用途に合わせた無料の照明シミュレーションを提供するワイドミュラーのサービスで、お客様の計画工程もシンプル化します。

24 Vから120 Vの幅広い範囲のDC入力によって、例えば風力発電施設のタワーなどで長距離照明を可能にします。1.5 mm²の低導体断面からも、最大40個のFieldPower® LEDランプを最大230 mの長さにわたって供給できます。現在提供されているシステムと比べて、一元化された無停電の24 V DC電源装置を使用することで、調達や修理そして継続的運用まで、コストを最小限に抑えることができます。

必要に応じて光の輪全体を遠隔監視できるため、修理業務の効率化と、それによるコスト削減が可能です。また、発光信号を光の輪によってトリガして、プラントに問題が発生した場合に修理担当者に視覚的に警告することも可能です。現在は音響警報装置が使われていますが、周囲の騒音にすぐかき消されてしまいます。ワイドミュラーのLED技術、用途別電源、自動化、個々のシステム設計の独自の組み合わせによって、風力タービンの照明効率の最適化に新たな可能性を切り開き、計画から操業まで明るくします。