AutoML へのリモートアクセスからさまざまな用途

AutoML へのリモートアクセスからさまざまな用途

easyConnect は、ワイドミュラーのデジタルサービスの世界へのチケットです。当社の最初の焦点は産業用 IoT です。また、AutoML へのリモートアクセスからさまざまな用途に対応するサービスが構築されています。産業サービスプラットフォームとしての easyConnect は、時間の経過と共に継続的に成長し、産業 IoT 以降にさまざまなサービスを提供します。

デバイス管理 I 資産管理 I データの視覚化 I リモートアクセスAutoML

デバイス管理

クラウド接続デバイスの追加と管理は、通常、産業用IoTの使用例の最初のステップです。デバイス管理サービスを使用すると、新しいデバイスの追加、デバイス情報の管理、デバイス上のコネクタのアクティブ化、デバイスのオンライン状態の表示を行うことができます。複数のワイドミュラーデバイス (u-control など)を easyConnect に接続できます。

デバイス管理
  • 接続されたデバイスの概要と管理
  • デバイス上のコネクタ(あるいは「スキル」)の管理
  • デバイスの正常性の状態把握

資産管理

資産管理サービスは、ユーザーが資産とプロセスをモデル化し、関連する時系列データにリンクできるモデル化ツールです。たとえば、工場管理者は複数の製造ラインで構成され、各マシンに複数の製造ラインが含まれる工場をモデル化する必要がある場合があります。資産管理により、ユーザーは特定の設定をカスタマイズし、ユーザーの特定の要件に合わせてプラットフォームをカスタマイズできます。

資産管理
  • 資産の定義、時系列データのリンク、およびカスタム資産属性の構成
  • 資産カテゴリと資産の相互依存関係の定義(「資産構造」)

データの視覚化

産業用 IoT のほとんどの使用例では、最初のステップでデータの視覚化と分析が必要です。easyConnect データ視覚化サービスを使用すると、ユーザーはライブデータや履歴データを表示、監視、表示できます。ダッシュボードとグラフを事前知識なく簡単に構成できます。任意の場所でデータを分析し、時系列データをユーザーの解釈を加えて補完します。ワイドミュラーは、easyConnect を超えたさらなる視覚化ツールも提供しています。

データの視覚化
  • 視覚化機能の範囲(表の概要、ライブモニタ、グラフ)
  • Web テクノロジに関する知識を必要としない最新のユーザーインタフェース

リモートアクセス

安全なリモートアクセスが容易に。u-linkを使用すると、マシンやプラントへの迅速かつ安全なアクセスが保証され、生産プラント、ユーザークライアント、アクセス権、ファームウェアバージョンの効率的な管理も可能になります。u-linkは、easyConnect のサービスとして、スタンドアロン製品として利用できます。

リモートアクセス
  • 簡単な操作。たった1回のクリックするだけでマシンに接続
  • 安全なサービス。セキュアなリモートアクセス(ドイツ連邦情報セキュリティ局)

AutoML

ワイドミュラー産業用 AutoML を使用すると、高度な分析機能を利用して、運用の最適化、製品品質の向上、新しいビジネスモデルの開発を行うことができます。マシンまたはプロセスの専門家は、データ科学のスキルを必要とせずに、機械学習モデルの構築、導入、運用を容易に行うことができます。AutoMLツールを使用すると、お客様のデータとドメインの知識を、ビジネスに価値をもたらすMLモデルに変換できます。

AutoML
  • お客様のデータと専門知識に基づいて
  • 外部のコンサルティングやデータサイエンティストは不要
  • モデルの自動生成
  • よりシンプルで迅速なソリューション開発プロセス

ご興味がありさらに情報が必要ですか?

ご興味がありさらに情報が必要ですか?

ご興味がありさらに情報が必要ですか?

簡単な構造を見つけるには、ステップバイステップの開始ガイドに直接アクセスしてください。