強力な「サンルーフ」

1年足らずの期間で、スイスで最も強力な屋上太陽光発電システムが、当初のアイデアからグリッド接続までリンクされました。ワイドミュラーのノウハウと経験が、この記録破りのプロジェクト期間の実現に役立りました。

強力な「サンルーフ」

強力な「サンルーフ」 – スイス Helion Solar社

強力な「サンルーフ」 – スイス Helion Solar社

ヨーロッパ最大の移動式クレーンとスーパープーマ輸送用ヘリコプターを用いて、20kWのインバータと太陽光発電モジュールを搭載した組み立て済みユニットが、地上から屋根上に持ち上げられ、独自の鋼構造に設置されました。

ここで持上げていたのは、現在スイスで最も強力な屋上太陽光発電システムで、これはズクウィル市の生産ホールの平屋根に設置されています。このビルの所有者は、スイスのAnlagenstiftung首相です。この屋上システムの計画・施工・保守を任されたのは地元企業のHelion Solar社です。

ユニークな構造

「この太陽光発電システムは、既存の生産ホールの屋根に設置された、という意味で、建設面でユニークなものです。既存の破風屋根や片流れ屋根から4メートルの高さに設けられた特殊鋼構造にこの発電システムが設置され、これによってその後の保守作業で楽にアクセスできます」と、Helion Solar社のプロジェクトマネージャー、Dominik Stierli氏は説明します。「給与支給の締切日が原因で、9月30日という厳しい期限がありました。設置ユニットをプレハブするなどの対策で、この厳しいプロジェクトスケジュールを守ることができました。しかし、高い水準と献身的姿勢で当社を支えてくれたワイドミュラーのようなパートナーも、このプロジェクトの成功の大きな理由です。」

すぐに接続可能な初期ソリューション

3万6,000m²の屋根面積に、現在2万2,000枚のソーラーパネルが5.6メガワットの電力を発電しています。これは数千軒世帯の需要をまかない、ツヒウィル市の人口の約3分の1を占めます。CO2の削減量は年間約595トンで、これは新車1台が地球の周りを104回走行する量に相当します。Helion Solar社のために特別に組み立てられた284個のコンバイナボックスが、個々のストリングからの出力を確実にバンドリングしてその出力をインバータに接続することで、この結果に貢献しました。

「Helion Solar社のプロジェクトマネージャーから、カスタマイズコンバイナボックスの依頼を持ちかけられた時、試運転予定日までまだ3カ月ありました。問題ありません、と回答し、初期サンプルを含めて最初の接続可能なソリューションを2週間以内にご提供しました」と、ワイドミュラーのDavid Schutzは振り返ります。彼は用途固有ソリューションのスペシャリストとしてプロジェクトを監督しました。「スイスの技術規制に関するワイドミュラーの知識のおかげで、Helion Solar社のソリューションを開発できました。これは全面的に規格に準拠し、予定されていたシステムアーキテクチャに合わせて慎重に構成されています。そのためこのプロトタイプは、アプリケーション段階ですでにテストに合格しました。現場での設置時間を省略して試運転だけで済むように、接続箱を完全に組み立ててテストしました。」