太陽光発電は、最も急速に成長しているグリーンエネルギー源のひとつです。毎年、数百 MW の屋上システムと発電所規模の太陽光発電パークが設置されています。最高のシステム可用性と最小の OPEX(運用経費)は、あらゆるシステムサイズの収益性を定義します。

PV システムは通常、特殊な場所に設置されているため、環境条件に直接曝露されています。そのため、落雷の影響を受ける可能性が高くなります。無防備な太陽光発電システムは、そのコンポーネントに繰り返し重大な損傷を受けることになります。その結果、修理と交換のコスト、システムの停止時間、収益の損失が発生します。自動システム、モニタリングコンポーネント、および PV インバーターは、電力規格に従って確実に保護する必要があります。IEC および UL 規格は、最先端の PV 設置導入に適用すべき規則を正確に定義します。

VPU PV の詳細

VARITECTOR PU デバイスでお客様の保護をカスタマイズ

外部落雷保護搭載 PV システム

隔離距離が(通常 0.7 m から 1 m 以上)維持されている場合、種別 II の過電圧保護をご利用いただけます。離間距離が保持されない場合は、DC ケーブルの過電圧保護種別 I が必要です。

外部落雷保護のない PV システム

これは、DC ケーブルに対して過電圧保護種別 II を提供する必要がある一般的な形状です。

左上の図は、PV システムの全体構造を示しています。次の表は、PV システムで該当する標準仕様に従って正しい過電圧保護製品を選択する際に役立つことを意図しています。

L1 は主要分電基板と PV インバーター(AC 側)間のケーブル長、L2 は PV インバーターと PV ジェネレータ(DC 側)間のライン長を表しています。ライン長が 10 m を超える場合、両側で SPD が標準として要求されます。

ダウンロード

関連製品・ソリューション

お問い合わせ

*入力必須項目