残留電流を避けるための第一歩

残留電流を避けるための第一歩

絶縁不良による残留電流は、電気システムの安全性に大きなリスクを及ぼす可能性があります。適切な保護コンセプトを用いれば、予め残留電流を検出して絶縁障害を取り除き、システムの可用性を維持することができます。

RCMは Residual Current Monitoring (残留電流監視) を指し、電気系の残留電流を監視します。この電流は、保護アース(PE)とは別に、システムに供給される全ての導体の電流の和として計算されます。残留電流は通常、絶縁不良、漏れ電流、またはEMCフィルタ漏れ電流などが原因で生じます。


メリットの一覧

残留電流測定デバイスを用いて

残留電流測定デバイスを用いて

残留電流と適時検出して報告

RCM測定デバイスから追加で得た情報を基に

RCM測定デバイスから追加で得た情報を基に

迅速かつ予防的なメンテナンスを実施

実績値の連続表示

実績値の連続表示

RCMデバイスは長期的な展開を記録し、重要な値の超過について報告

基本的なRCM測定プロセス

基本的なRCM測定プロセス

基本的なRCM測定プロセス

RCM測定は、差分電流原理に基づいています。これには、計測ポイントにある残留変流器を介して(PEを使用せずに)すべての相を導く必要があります。この場合コンセントは保護されます。システムに障害がなければ、すべての電流の合計はゼロになります。しかし、残留電流が地面に流れている場合には、その電流差がRCM測定デバイス内の電子機器によって評価されます。

一般的な用途

一般的な用途

RCM測定器は、主に次のような高レベルの可用性が必要なシステムで使用されます

・データ処理センター、生産・通信施設、病院など

・厳格なEMC要件が求められるTN-Sシステム

・火災リスクにさらされる設備

・クリーンルーム環境の機器

・研究施設、研究技術分野

RCM測定で検出可能なエラー

RCM測定で検出可能なエラー

・電線や電気運用資源の絶縁不良

・電気負荷からの残留電流

・PFC用PP電源コンデンサの欠陥

・スイッチモードの電源装置内で障害が発生したコンポーネント(例:コンピュータ)

・TNSシステムの正確性(Terra Neutral Separate)

・PEN接続の不許可の開示

・接地機器への中性線逆電流の回避

以下の測定器はRCM測定に対応しています

Energy Analyzer 750

Energy Analyzer 750

Energy Analyzer 750

Energy Analyser 750は、電圧品質の特定パラメータの包括的な監視を容易にし、必要なあらゆる規格への準拠をサポートします。

Energy Analyzer 550

Energy Analyzer 550

Energy Analyzer 550

Energy Analyzer 550は、対称性の特性から遷移、さらにその他の数多くのパラメータに至るまで、電気供給ネットワークのすべての品質パラメータを測定します。

Energy Meter 700-PN

Energy Meter 700-PN

Energy Meter 700-PN

Energy Meter 700-PNには、2つのPROFINETに準拠したイーサネットインターフェイスと、ライントポロジを構築するための一体型スイッチが備わっています。

Energy Meter 750

Energy Meter 750

Energy Meter 750

継続的な記録に加えて残余電流も監視するため、包括的なエラー検出が可能になります。

関連製品・ソリューション

ワイドミュラーが提供するサービスと市場経験に基づいた専門知識

Orange Selection

Orange Selection

Orange Selection はいつでもご用意できます。午後3時までにご注文頂いた場合、商品は翌日に発送予定です。

時間の節約になるデータの提供

時間の節約になるデータの提供

様々な形式のCAD 3DモデルとCAEデータが、 製品カタログからダウンロードできます.

代理店向け電子製品データ

代理店向け電子製品データ

BMECatおよびその他形式の電子カタログをご用意しております。標準化されたデータ形式により、製品データへの迅速なアクセスが可能となります。

市場と産業の経験

市場と産業の経験

お客様に寄り添ったソリューションを提案いたします。情熱と専門知識を 自動車送電と配電 産業に持っています。

用途

ダウンロード

お問い合わせ

*入力必須項目